盗聴被害が年々増加する中、不安な生活を送るのは絶対に嫌ですよね。

新天地で生活される人は自分の家の中は大丈夫かな?と思う人も多いはずです。

今回は、新生活で注意したい盗聴対策についてまとめてみました。

盗聴器を仕掛ける目的について

ストーカーを目的とした盗聴

元恋人や以前にトラブルがあった人などが相手を監視したり、復習や嫌がらせのために仕掛けているケースです。どちらにしても特定の人を狙ったものです。

情報を盗むことを目的とした盗聴

会社のオフィスに盗聴器を仕掛けて、会社の機密情報・顧客情報を盗み取るというケースです。

特定の人を狙って仕掛ける場合もあれば、会社内のあらゆるところに設置し社内の情報を盗聴している場合もあります。

好奇心・いたずら目的

特に特定の人を狙ったわけでもなくいたずら目的で犯人が仕掛け、たまたま被害にあってしまうというケースもあります。

業者がいたずら目的で工事の際に仕掛けていった、知人がいたずらで仕掛けたなど、特に目的はなくてもいたずらで盗聴されていたという事例もあります。

元々、部屋・事務所に仕掛けられていたケース

前の住人が盗聴被害に合っていたが、そのまま引っ越しをしていき気付かれずにその部屋に引っ越しをしてしまい盗聴被害に合ってしまうケースです。

これは、前の住人目的だから大丈夫というものではなく、そこからあらたな犯罪に繋がるパターンもあります。

盗聴器は、会話を盗み聞くことだけではない

・一人暮らしだから

・あまり会話してないから

盗聴器があっても大丈夫とかたいした会話じゃないし大丈夫という人もたまにいます、

犯人は盗聴器で会話だけを聞いているわけではありません。

 

家の中の音を盗聴し、生活リズムを把握する方もいます。

ドアを開け閉めする音、シャワーの音などを盗聴し音で様々な情報を得ています。

生活リズムの情報を得た犯人はいつも家を空ける時間帯などに部屋に侵入したり、出かける時間に待ち伏せ行為をしたりと新たな犯罪を犯してきます。

 

また、盗聴器は周波数が合えば発信する電波を拾うことができます。

ですので、仕掛けた犯人だけでなく、空き巣が徘徊しながら電波を拾い、住人の情報を集めている便乗盗聴をしている人もいます。

生活リズムを把握されたり、旅行などの会話を聞いて留守になる時間帯情報が漏れてしまうというリスクがあります。

 

やっておきたい盗聴調査

盗聴器対策はどうすればよいのでしょうか?

ベストなタイミングはあるのでしょうか?

盗聴器調査のタイミング

ストーカー目的での盗聴器調査は本人が盗聴されているかもしれないと不安になったタイミングで盗聴器の調査を依頼することをおすすめします。

いたずらや前の住人が関係するケースでは、引っ越し前後にしっかりと盗聴調査を行ないましょう。

盗聴器対策

信用できる人以外、家に入れない

犯人は意外と身近なところにいる場合があります。

本当に信用できる人以外は家に入れるのは避けましょう。来客者を1人にしたりすることも危険です。

また業者などで見知らぬ人を家に入れる場合は、目を離さずにどんな作業をしているのかをしっかりと確認しましょう。

自宅の鍵の管理

盗聴器を仕掛けるには、家に侵入する必要があります。

自分の鍵の管理はしっかりとしておきましょう。

犯人は鍵を手に入れるタイミングを狙っています。そのまま盗んで侵入したり、最悪の場合は合鍵を作られてしまいます。

少し席を外すときも鍵を置きっぱなしにしないように気を付けましょう。

まとめ

盗聴というとストーカー目的と思い浮かぶ人も多いと思います。

心当たりがない人は自分は大丈夫と思いがちですが、それ以外の目的で盗聴されている可能性もあります。

また、盗聴から新たな犯罪の被害者になってしまう場合もあります。

盗聴対策、調査は重要です。

新生活をはじめるタイミングで一度身に回りを調査、対策することも大事です。

不安だなと感じた方はぜひ、専門業者に相談してみることをおすすめします。

 

>盗聴器調査は「盗聴バスターズ本部」