ここ数年盗撮の被害が増え続け、現在もまだ増加傾向にあります。
小型カメラがネット通販で簡単に購入できるなど、時代的な背景もあります。

以前までは女性の被害者が圧倒的に多かったのですが、が、実は最近では男性被害者も増えています。
誰が、どのような目的で盗撮をしているのかわからないので、男女問わず油断できません。
今回は、盗撮被害の詳細と、もし盗撮カメラを発見してしまった時の対応方法について解説していきたいと思います。

盗撮は身近で起こっています

盗撮は、相手の承諾なしに勝手にカメラなどで撮影をする事を言います。
盗撮被害で最も多い場所は駅構内で、大型商業店舗がその後に続きます。
女性被害者が圧倒的に多いのが現状です。

盗撮行為に使用されるカメラはスマホ内蔵のカメラが多く、その他には小型の盗撮器がよく用いています。

撮られている事に気づきにくいので、被害の全貌が明らかになっていないものが多いです。
皆さんも知らない間に被害に合っている可能性もあります。

3つの盗撮の手法

①直接撮影をする

ホームビデオやビデオカメラを隠して仕掛ける方法です。

②有線式盗撮

カメラと録画装置をコードで繋ぎ、遠隔で監視する方法です。

③無線式盗撮

カメラと録画装置を電波で繋いで撮影する方法です。カメラ部分は小さくわかりにくくなっているためほとんど気付かれません。

現在は③無線式盗撮が主流になっています。

もし盗撮器(盗撮カメラ)を発見してしまった場合

浴室やトイレ、部屋などに仕掛けられている事が多いようなのでまずはよく確認してみてください。
万が一自分の家で盗撮器を発見した場合はどのような対処をすればよいのでしょうか。

① 盗撮器(盗撮カメラ)を壊さないようにしましょう

自分の恥ずかしい姿が撮られてしまった、、と破壊したくなると思いますが、
データと盗撮器は立件するための大事な証拠です。
まずは、警察に連絡をしましょう。

② カメラが設置してある場所から離れましょう

盗撮器が見つかったとなると仕掛けた犯人が何をしてくるかわかりません。
証拠隠滅やストーカーが襲ってくるかもしれません。
警察に届け、できれば一時的にホテルなどに避難するようにしましょう。
公共の場で発見した場合はむやみ触れず、施設の管理者に伝え後のことは任せるようにしましょう。

盗撮器に不安を感じたらプロに相談

盗撮器発見器などもネット通販で販売されているため、ご自分で発見することも出来なくはありません。
しかし、盗撮器は巧妙に設置されている事が多く見つけ出すのは大変です。

盗撮に対しての深い知識と経験があるプロに相談することをおすすめします。
盗撮されているというのは本当に気持ちが悪く怖いことです。
しっかりとプロの調査を受けることで安心にも繋がりますし、もし発見された場合も対処方法などでも心強いと思います。

まとめ

盗撮は犯人を見つけることはかなり難しいと言われています。
ずっと他人に見られていると思うと本当に気持ち悪く怖いですよね。

男女問わず被害者が増えていますので男性だからと油断できません。
少しでも盗撮について不安に感じたら、盗撮器発見のプロ「盗聴バスターズ」にご相談ください。