トシです。
勉強をしていくと、裏(裏と言う表現があっているかどうか?)の世界って本当に怖いって思います。

「個人情報を守ることなんて出来ない。」
「お金をかければどんな情報でも手に入れられる。」
これは、ある探偵社さんが言っていた言葉です。

ここで書くことは、言葉を濁さなくてはなりませんが、個人情報っていろいろなところに保管されていますよね!保管されているところには保管している人がいます。
保管している人はその情報をもちろん見ることが出来ます。
その情報を見れる人が情報を流す(その情報を売る)なんて事が実際行われているとしたら・・・
もちろん表立っては、そんなこと犯罪行為ですし、一般の方はそんなこと出来ないって思っているでしょう!
アンダーグラウンドの世界ですから知らなくて当たり前です。
でも、知ってしまうと怖いです。
どのように情報が流失しているか知っておきたいですし、自己防衛として対応も考えたいです。
そして、この情報だけはどんなことをしてでも守らないとって事がでてきます。

昔は有名人やお金持ち、がターゲットになって被害にあってました。
まぁおっきいお金が動いたのでしょう!ただ、今は情報を流す人の職に対して執着心(終身雇用的な考え)がない事や不況で生活のためなら少々の悪さも!って考えがあり、小額でも情報が流れ始めています。
本当!怖いです。

前の記事の続きです。前の記事はこちらをご覧ください。

近所の会社から盗聴器見つかりました!発見し撤去しました。
https://fourships.com/会社-盗聴器-発見-撤去/

さて、A社社長の自宅の調査ですが、多分、住所などは調べつくされているらしく、玄関先に録画式の小型カメラが仕掛けられていました。
とりあえず、カメラを撤去し
先輩が『警察に通報しましょうか?』とたずねると、
A社社長は『少し考えさせてください!』の反応!
先輩『専門の弁護士を紹介しましょうか?このままの状態は危険だと思いますが』
A社社長『うちにも顧問弁護士はいるのですがこんなこと相談したくないのでお願いできますか』
先輩『分かりました』
こんな会話のやりとりがありました。

後で、先輩に聞いたのですが、あの状態で警察に通報しても、実際に被害が出てないので調書や被害届をだして終わりだろう!って言ってました。
最近はストーカーや盗撮行為についての取り締まりも強化されてきているけど、警察の人数も限られているから、小さい問題にはかかわってくれないんだよね!とも言ってました。
でも、防犯カメラなどに犯行現場が写っていれば別です。警察も動いてくれます。
自宅に防犯カメラの設置を提案して弁護士に依頼!
こんな事が起こってしまった被害者の不安はすごく大きいものだと思います。
これで事件が解決してこの不安が解消できることを願います。

toiawase