ども、トシです

「犬も歩けば棒に当たる」ってくらい盗聴電波を見つけるのは容易いです。

だって年間何十万個って数の盗聴器が販売されているんですから!!!

 

昨日は、「どうしても街中で盗聴電波が探せない」って言う代理店さんと電波探しに行ってきました。

社用車に乗って(準備は必要ありません!うちの車、装備ばっちり!)代理店さんの活動地域へ出発です。

まずは、住宅街!受信機のスイッチを入れ、時速20キロ~30キロへ減速(ちょっと迷惑なんですが・・・)

1時間も走らないうちに1個発見です!

コツさえつかめば、なんてことないんですが、コツをつかむまではちょっと大変かもしれません!

 

今回、営業的なことはしませんでした。

段階を踏まないとトラブルの原因になりかねますので(この方法は企業秘密です)

また次回代理店さんに段階を踏んでもらって訪問してもらいます。

結局、4時間ほど車を走らせ、計3個の盗聴電波を発見しました。

代理店さんもコツをつかめたようです。

そして、繁華街に移動!

車を駐車場に入れて、受信機(ハンディタイプのもの)をポケットに入れ、イヤホンをして、いろいろなところを歩き回ります。1時間ほど歩き回りましたが、ここでは発見できませんでした。

もう、時間は夜の8時をまわってます。

 

スーツ姿の2人が右耳に意識を集中しながら町をふらついている姿は、かなりヤバイ人です・・・

ここで面白いことが起きました!

繁華街ですから当然?お店の呼び込みみたいな人が声をかけてきます。

『お食事の場所はもうお決まりですか?』とか

『カラオケいかがですか?』とか

『2次会にどうですか?』とか

で、全て断っていると、何人かは、ハッとして

『ご苦労様です!』って言ってその場を走り去っていきます。

・・・・・・なんだ????って思っていると

今度は1人がニコニコしながら寄ってきて『今日はなんかあったんっすか?』って聞いてきました。

俺は『別に何もないですけど、なんですか?』って聞き返すと

その人は『あ~ぁじゃあ見回りですか?ご苦労様です。』って・・・・

 

私服警察と間違えられてます!

すぐ、イヤホンをはずし、車に戻りました。

びっくりでした!