トシです。
研修終わりました。
いよいよ仕事開始です(やったー!)
やはり実務が出来るって嬉しいです。研修で頭でっかちになってますが、頑張って覚えることは全部覚えたと思ってます。
気合十分で最初の仕事は電話対応!
うちの会社って本当に電話がよくなります。
取引先や代理店からの電話もあるんですが、お客さんからの相談や調査依頼だけで1日少なくても5~6件、多い時で15件~20件くらいかかってきます!24時間電話がつながるようにしてるんですが、夜間(夜間は会社携帯に転送)を足すともっとだと思います。

・・・まず、電話に出たら
「自宅(調査場所からの電話かどうかチェック)からだったら外から携帯でかけなおしてもらう」
「相談内容を理解する」
「調査が必要かどうか判断する」などなど
内容を頭の中で整理して
えーっと、俺が電話に出ても不安がらないでくださいね。
ちゃんと先輩が隣でしっかり変な対応をしないかチェックしてますから。
なので会社の携帯電話も夜間持ち回りで社員が持っているのですが、俺は持たせてもらえません(涙)
よし、電話に出るか!!!

んっ?

電話が鳴りません

先輩から『おーい!トシ、ちょっと書類整理手伝って!』
俺『はい、なんですか?』
このタイミングで電話が・・・出れない・・・

作業終了してもう1回電話を待つ
呼び鈴!「よし!出るぞ」受話器に手を伸ばし、1呼吸して電話に出る
『ハイ、盗聴バスターズ本部㈱シップでござ・・・・』
『プープー・・・・』
あれ?切られた!と思ったら、別の人が出てる・・・
先輩『おせーなー!もっと早く出ろっ』
俺『すみません・・・』
「なんだよ一1呼吸する事も許されないの!よしわかった!次は絶対出る」変だけど、こんな事を思いながら、
次の電話に出る。「俺の電話が緑に光る」出れた!!!
『お電話ありがとうございます盗聴バスターズ本部株式会社シップでございます。』
・・・なんかこんな話で引っ張りますが、ここから10件ほど電話に出ます。
が、俺が出る電話に相談や調査依頼の電話はありませんでした。(運がいいのか悪いのか?)
雑用・電話待ちの繰り返しで今日一日が終わろうとしています。
周りの先輩方は、問い合わせの電話に出て仕事しています。
一番長い電話は1時間以上!お客様が納得するまで話しています。
相談だけでいいか?調査が必要か?
うちの会社もお客様もいっぱい話して判断します。「信用してもらう・信用にこたえる」これが出来なければ、仕事として続けられません。
俺も電話に出たらお客様が何を求めているか、しっかり理解して最善の解決策を見つけよう!と思いました。

夕方、電話に出る!
「どうせまた受付電話だろ」って思いで今日はあきらめ半分で電話に出ます
『お電話ありがとうございます盗聴バスターズ本部株式会社シップでございます。』
『あのー』
『調査の依頼をしたいのですが』

来た!

すみません、この流れだと会話の内容や俺がどんな対応をしたのかって文面になるのですが・・・
俺『差し支えなければご依頼いただいた理由を聞かせていただけますか?』
会話が始まろうとした時、先輩がすぐに俺から受話器を取り上げ、そこから30分間先輩とお客様の会話を聞いているだけでした。
・・・受話器をとられた時は心の中で「なにすんだ(怒)」って感じでしたが、電話が終わった瞬間、先輩から怒鳴られました。
先輩『まずは調査場所からの電話なのか確認することが先だろ』
「あっ、そうだった!」
厳しいです。1項目でもミスは許されません。
それから、何件も電話を取りますが、全て、会話の途中で先輩にバトンタッチ(無理やり)です。
先輩曰く
たとえ調査にならなくても問い合わせの電話を掛けてくるって事はよほど悩んでいて平常心ではない。
だから、対応には十分注意しなければいけない。
ミスは許されないし、電話の相手を家族や兄弟・親友の相談だと思って真に迫れ!

空を見上げます。

頑張ります。

toiawase