企業のオフィスや、会議室などのスペースに盗聴器を仕掛ける人と、その目的、盗聴器の対策についてご紹介させていただきます。

盗聴器を仕掛ける可能性のある人と目的について

【会社の従業員】

会社の従業員が盗聴器を仕掛けるケースでは、上司や、同僚の会話・発言を盗聴し、情報を盗むことを目的としているケースがあります。

同業種のライバル会社からの依頼(報酬を貰っているケース)の場合は、重要情報が漏洩し、大きな被害が出る可能性があります。

【経営者(部課長クラスの管理職)】

経営者が盗聴器を仕掛けるケースでは、部下の仕事ぶりや、発言・行動を監視することを目的としていることがあります。

【取引先やライバル会社】

新サービス・商品などの重要な情報を入手すること、信用確認を目的としていることがあります。

【出入り業者、その他】

特定の従業員のストーカー、窃盗目的で盗聴器によって重要情報の入手をしようとする可能性もあります。

 

盗聴器が仕掛けられる場所

社内で仕掛けられる盗聴器は、情報入手を目的としているケースが多いです。

出入りしている業者や、ライバル会社の人員が仕掛ける可能性もありますが、最も可能性が高いのは従業員です。

社外秘の重要情報が漏れてしまったら、企業に大きな損害が発生する可能性があります。
事件が起きてからでは遅いので、予防をすることが重要です。

盗聴器が仕掛けられる場所についてですが、盗聴器は、電源を必要としますので、コンセント周りなどに仕掛けられることが多いです。

マウスや、電源タップなど、オフィスでよく見かけるモノに紛れ込ませていることもあります。

ボイスレコーダーのように、電源が不要なタイプの盗聴器を使っているケースもあります
電源を利用する盗聴器と違い、設置した後に回収をする必要があります。

 

盗聴器対策について

デスク周りや、複合機などの、電源周りは、何かおかしなものが発見された時に、すぐに気づくことができるように、日頃から整理整頓をしておくことも重要な対策と言えます。

防犯カメラを仕掛けることで、盗聴器をしかけている人物が特定できるかもしれません。

このように、オフィス周りなどで盗聴器を仕掛けにくい環境作りを作り、また、仕掛けられても重要な情報が入手できない

 

企業・法人のお客様へ

産業スパイや探偵などのプロだけでなく、一般関係者がそのような機器を仕掛けるケースも非常に多くなっています。

専門的な知識・技術を要する『ハッキング』と、購入して置いておくだけでいい『盗聴』のどちらが簡単なのか?答えは皆さんにもお分かりでしょう。にもかかわらず盗聴・盗撮に対するセキュリティ対策を何もしないままでよいのでしょうか?

盗聴・盗撮に対してまだ何の対策もされていない企業様には、ぜひリスク管理の一環として盗聴調査、盗撮調査を行うことをご提案致します。

当社は、北海道から沖縄まで全国にネットワークを展開しておりますので、原則、交通費(出張料)をいただかずに対応が可能です。(離島を含む一部地域を除く。)

もちろん、守秘義務を遵守して調査から報告まで行いますので、安心してお任せ下さい。

toiawase