防犯ステッカーは、安価に購入できる防犯対策の定番人気アイテムです。

不審者に自宅に侵入されて盗難にあってしまった、、などの怖い犯罪。
犯罪が起きてから防犯カメラを設置するのでは遅いのです。
犯罪が発生する前に、予防をすることが重要です。

防犯ステッカーを使って、不審者に対して注意喚起をすることで
リーズナブルに防犯対策をすることが可能です。

⑴ 防犯カメラを設置する目的とは

防犯カメラを設置する目的は、カメラによって映像を録画し犯人を特定することが挙げられます。

「犯人探し」をするときに用いられる重要なツールになりますが、
そもそも犯罪が起きてしまってから防犯カメラを設置しても遅いのです。

問題が起こる前に予防することが大切になります。
しかし、防犯カメラは高価なので、設置するには高額な費用がかかります。

そこで、心理的に犯罪を防ぐ効果が見込める
「防犯ステッカー」で十分なケースも多々あります。

⑵ 「防犯ステッカー」に対する犯罪者の心理

もしも防犯カメラが設置してあると分かった不審者は、どのように考えるのでしょうか?

もし、住居などへの侵入を考えている場合に考えられるのは「防犯カメラの死角」を一生懸命に探すことです。
もし防犯カメラに死角がみつかれば、弱点を狙って犯罪が発生してしまう可能性があります。

・防犯ステッカーの場合

ちなみに「防犯カメラ作動中」などと書かれた防犯ステッカーを貼ってある場合は、不審者はどのような心理になるでしょうか?

ステッカーには「防犯カメラ作動中」などと表記がありますので、防犯カメラがどこに設置してあるのか?所在を一生懸命探そうとします。

しかしながら、防犯カメラは見当たりません。

防犯ステッカーはダミーで、カメラは無いかもしれない、、。
けれど、もしかしたらあるかもしれない、、。

万が一本当にカメラがあったら捕まってしまうので、そのリスクを考えると、「カメラ作動中」と表記があるにに、カメラが確認できない場所には心理的に入りにくいのです。
このように、不審者が犯罪を起こす気持ちを削ぐことに繋がります。

このように、高価な防犯カメラを設置するよりも、防犯ステッカーの方が効果が高いケースもあります。

⑶ 防犯ステッカーは、どこに設置するのが効果的か

防犯ステッカーは、不審者が侵入しようと家の周辺を確認した時に、目に入る位置に設置しましょう。

例えば、玄関などの扉、柱、壁、窓ガラスなど目立つ場所に複数枚貼ることをおすすめします。

空き巣の場合は、窓ガラスを割って家宅に侵入しようとしますので、掃き出し窓など大きな窓に貼っておくことをおすすめします。狙われる可能性の高い場所に貼り付けていきます。

構造上、防犯カメラを設置できない場所などに貼ることができるのもメリットと言えるでしょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

防犯ステッカーは、目立つ場所に貼りつけておくだけで、犯罪を抑止する効果が見込めるケースもあります。

防犯対策をしたいけれど、何からはじめたら良いかわからない・・という方。
まずは安価に手に入る「防犯ステッカー」を貼ることからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

toiawase